幸水梨 その②

その、梨をあげた宅急便の人。

うちのエリアを12年も回っている方ですが

私が14年前の、今の仕事を始めたばかりのころのお客様でもあります。


それは1998年の話。

まだまだ私も撮影件数10件未満みたいなころで

でも、なんかよく覚えてるご夫婦でした


そして、2000年。

ある日、宅急便の方が集荷にきて
玄関口で「やっぱり!!」というので

誰かと思えば、そのお客様

名前でピンときたらしい


いやいや、覚えててもらえただけで嬉しいです


それから12年
彼には大変お世話になっています

朝から晩まで働き者の彼


私も、彼にはパジャマ姿もすっぴんも見せてしまいました・・・・


歳もそんなに変わらなかったはずだから
お互い、いい歳だし。

でも、彼は いつまでたっても「江口くん」のままなのだ。


これからも、よろしく。江口くん。
[PR]
by toki3669 | 2012-09-06 20:17 | スタジオ | Comments(0)