32年目の発見 その①

この1週間、どうにも左足が痛い。

いや、正確には、32年間痛い。


10歳の時にぎっくり腰になり
それからというもの、腰から下にかけて痛くなる

ここしばらくは痛くなかったんだけど
どうにもガマンができない。

今日は前撮りの予定だったのだが
雨のため中止となったので
これは、32年間の疑問を解き明かすべく、病院へ!!!


ちょっと早めに病院に行くと、想像どおりお年寄りがたくさん!

やっぱり年寄りは多いな~と見ていたら
9時になり、診察の時間。

すると、一斉に私の周りの年寄りが立ち上がり、受付に。

みなさん、電気をかけに来てたみたい。

そして、待合室には私一人。
当然一番乗り。


診察室に呼ばれて
「左の足が痛いんです・・・・」

先生「いつから痛いの?」

私「32年前から・・・」

先生「・・・・32年前から、ずっと痛いの・・・?」

私「ずっと痛いです・・・・」

先生「・・・で、32年たって今来たの?」

そうよね。
先生は「昨日から痛い」とか、「1週間前から痛い」を期待してだろうに
32年前からとは!

そりゃ、そうだ。


そして、レントゲン。

先生が来て、仰向けに寝ている私の腰の辺りの高さをものさしではかると

「15cm。」

うすっ!


そして。横向きになり、さらにものさしではかる

「23cm。」

うすうすっ!


そして、レントゲンの結果原因が判明。

ここからは、私のヘタな絵で説明しますと
普通の人は大腿骨と骨盤のくっついてるところが こんな感じなのだが
f0207451_1657499.jpg

私の大腿骨は
f0207451_16573999.jpg

普通の人より、角度がない。

(すみません、PCで書いたので なんか見方によってはいやらしい絵にも見えます・・・)

角度がないから、骨と骨がうまくかみ合わず
そこからの神経を圧迫するそうな。

「でもね~、いまさら骨どうにかすることできないからね~。」と先生。

まったくそのとおり。

うまく付き合っていくしかないか。


でも、32年間の疑問は解決。


そして、私はお年寄りに混ざって電気をかけに別室へ。

これがまた、なかなかで!

続きはその②へ続く!
[PR]
by toki3669 | 2012-05-15 17:02 | スタジオ